株式会社ベストラインズでは、太陽光発電システムに関しましては、の国内メーカーの商品及び海外メーカー・サンテックを取り扱っています。
その中でも特に、コストパフォーマンスNo1のシャープ及び、発電量No1のパナソニック製システムをおすすめしております。

メーカー各社のモジュール性能比較
メーカー型番最大発電量変換効率希望小売価格発電量1W
あたりの価格
シャープNQ-190AA190W16.5%106,890円566円
パナソニックHIT-230SJ13/SJ16230W17.9%156,450円680円
東芝SPR-240NE-WHT-J240W19.3%176,400円735円




日本でシェアNo.1のシャープ製モジュールは、発電量に対するパネル本体の価格が他の国内メーカーと比較して最も安いのが特徴です。


パナソニック製システムは世界最高クラスの発電量を誇り、高出力、高効率の200W以上のパネルをラインナップしています。
HITと呼ばれる独自構造の太陽電池は、他社の一般的な太陽電池と比べて高価なため、導入コストは増加しますが、変換効率に優れています。


2010年、住宅用太陽光発電システムへ新規参入した東芝。
単結晶太陽電池によるパワフル発電と、電極を裏面に配置するバックコンタクト方式の採用により実現した、表面にハンダ付けのないコンパクトさが特徴です。















 Copyright (C) 株式会社ベストラインズ. All Rights Reserved.