電気を作る
@モジュール
ソーラーパネルのことです。屋根等に取り付け、太陽の光を受けて効率よく直流電力を発生させます。
電気を集める
A接続箱
発生した電力を集め、パワーコンディショナに供給します。
電気を変換する Bパワーコンディショナー
家庭内で利用できるように直流電力を交流電力に効率よく変換します。



売電量と買電量を計る
  C電力量計
売った電力量と買った電量発電した電力量を計ります。

発電量を確認する
  カラーモニター
室内に設置したモニターでは電気の消費量や発電量がすぐにチェックできます。


現在、太陽光発電は、設置する場所の制約が少ないのが特徴です。
太陽光電池パネル(モジュール)は、太陽光を十分に受けることができ、パネルの重量に耐えることができる場所であれば、屋根や壁、地面など様々な場所に設置が可能です。
3KWシステムの場合、太陽電池モジュールの設置面積は約20〜30u程度で、軽量で柔軟なモジュールの開発により、ほとんどの場合、重さによる設置の問題はありません。屋根にかかる負荷は瓦の1/5程度です。
現地調査時にチェックを行い、危険がある場合には状況に応じて、屋根の補強をさせていただくか、設置をお断りさせていただくこともございます。




太陽電池モジュールを設置する屋根の方位は、「真南」が最も効率的です。
屋根への日射量を南100%とした場合、南東、南西では95.1%、真東、真西でも82.8%を確保できます。

また、屋根の傾斜角については「30°」前後が理想で、「30°」の日射量を100%とした場合、「20°」でも98.2%を確保できます。
Copyright (C) 株式会社ベストラインズ. All Rights Reserved.