3.7kWの太陽光発電システムを設置した場合、たとえば東京都の家なら年間予測約3,842kWhの電力を発電します。
これにより一般家庭の年間CO2排出量(約1,980kg‐CO2)の61%以上にあたる約1,208k g‐CO2を削減できます。
また石油消費量に換算すると、年間で約48缶分(18L缶)を節約できることになり、限りある資源もいっそう大切にできるのです。
太陽光発電によるCO2の削減効果は、新たにくすの木を約7本植樹したのとおなじ効果 でもあります。
それはまるで、家の庭に、緑をいっきにいっぱい増やしたような気分。
環境へのやさしさと毎日のすがすがしさに満ちた太陽光発電ライフ、すでにたくさんのご家庭で楽しまれています。



太陽光発電は、太陽電池を利用して日光を直接的に電気に変換します。発電そのものに燃料が不要で、運転中は温室効果ガスを排出しません。
原料採鉱・精製から廃棄に至るまでの商品ライフサイクル中の排出量を含めても温室効果ガスが非常に少ない排出量で電力を供給することができます。


太陽光発電は、その他の面でも環境に優しく安全な発電方式です。主にガラス、金属や半導体などで構成され、その設備の大部分がリサイクル可能です。
このように太陽光発電は温暖化対策手段としてもエネルギー源としても、既に実用的な性能を有しています。


一般的に、太陽電池は屋根に取り付けられます。
太陽電池には高い断熱効果があることが複数の研究で実証されており、強い日差しが照りつける真夏には屋根裏の表面温度を20度近く下げてくれるという調査結果があります。
こうした断熱効果は室内空調の効率を良くするため、ここでも節電による光熱費の削減と、地球環境保全への貢献が可能です。

Copyright (C) 株式会社ベストラインズ. All Rights Reserved.