太陽光発電システムを導入することで電気代の大幅な削減が可能です。



  太陽光発電は、発電時に一切の排出物の発生がありません。



発電のためのエネルギー源は太陽光でありなくなることがありません、且つ無料です。

可動部がないので保守が容易なため無人化が可能であり、且つ長寿命です。

必要に応じて小規模なものから大規模なものまで、自由な設置が容易にできます。

環境に優しいエネルギーを導入することで、各自治体における住民意識の向上や、企業のイメージアップに貢献することができます。


もしも地震や台風などの災害により長期間停電になった場合、太陽光発電なら自立運転モードで電気を供給でき、専用のコンセントに使用したい電気製品を差し込めば、発電している分の電気を使うことができます。
天候条件や時間帯によって制約はあるものの、自立運転に切り替えることで最大1.5KWまで使用できます。
これを上手に活用すれば、電気が復旧する迄でも、様々な電化製品が使用可能となります。



1.設置場所が必要
他の発電設備に比べると、発電効率が低い為、ある程度の面積が必要となります。 しかし、屋上、屋根等の遊休スペースに設置することが可能です。

2.発電量が不安定
発電出力は日射がある昼間しか発電できず、季節、時刻、天候に左右されます。また、夜間は発電できません。 しかし電力会社の電力と連系することにより安定した電力を供給できます。 また目的に応じて蓄電池を設けて発電可能な昼間に電気を貯めておき、夜間や災害等の停電時にその電気を使用する防災型システムもあります。

3.導入コストが高い
技術進歩と市場の広がりで価格は下がってきていますが、まだ他の発電設備に比べると発電単価は割高です。 国策として太陽光発電拡大には様々な補助金が準備されています。