エコキュートは格安の深夜電力を使い、深夜にお湯を貯めておくので、お使いになる人数が多い場合、たくさんのお湯を貯めておく大きなタンクが必要になります。

実際にはタンクのお湯が少なくなれば自動または手動で沸き増しできるので、湯切れすることはありませんが、昼間などに沸き増しすることが多いと電気代もかさんでしまうので、少し高くなりますが、タンクの容量は余裕を持った方が長期的には経済的と言えます。




フルオートタイプにすればスイッチひとつでお風呂のお湯張りはもちろん、保温・足し湯・追い炊きまでを全て自動でしてくれます。
お風呂の機能が一番充実しており人気も高いので、商品のラインナップ数が最も多いタイプです。



お湯張りが自動でできれば、追い炊きや足し湯は自分の好みにあわせて手動で構わないという方にはセミオートタイプがおすすめ。本体価格もフルオートよりリーズナブルです。



給湯専用タイプにはお風呂の自動お湯張りなどの機能はありません。 蛇口から給湯するタイプで、お湯がたっまたらブザーでお知らせします。 このタイプは既存の給湯器配管が利用可能なので、設置がカンタンで、低価格なのも魅力です。


多機能エコキュートは1台の給湯器で暖房・乾燥までを行うエコキュートの進化形。他の温水暖房と同様に、お部屋をパワフルに暖めます。
給湯に床暖房または浴室暖房乾燥どちらかを付加するタイプと、給湯・床暖房・浴室暖房乾燥すべてを設置する2つのタイプから選ぶことができます。


角形(標準形)
一般的なタンクの形で、各タイプ・容量でたくさんの種類のラインナップがあります。
薄型
標準タイプよりも奥行きが薄く、その分横幅があったり、2缶式になっているタイプです。建物と敷地の幅が狭いスペースにも設置できます。
スリム型
標準タイプよりも奥行きが薄く、その分高さがあります。上へ高くすることで、設置スペースを小さくするタイプです。




      Copyright (C) 株式会社ベストラインズ. All Rights Reserved.