空気の熱を利用することで、使用する電気エネルギーの約3倍のエネルギーでお湯を沸かします。最近は省エネ効果が約4倍のタイプも登場しています。


東京電力の「電化上手」は、オール電化を導入したご家庭でのみ契約できる料金プランです。電力量料金単価が時間ごこで異なるため、安価な夜間電力でお湯を沸かすエコキュートの利用や、タイマー機能を使って昼間使う電気を夜間時間に移して使うなどの工夫で、電気料金がさらにおトクになります。

※グラフは1kWhあたりの電気量料金単価(税込)
※「電気上手」総容量が1kVA以上の夜間蓄熱式機器等(エコキュートや電気温水器)をお持ちのお客さまにご利用いただけるプランです。


オール電化にすると"電気代が高くなる"方が多いでしょう。 しかし"光熱費全体では安くなる"のです。
光熱費には「電気代+ガス代+灯油代」などが含まれます。 オール電化にすれば、ガスや灯油の分も電気でまかなうので、単純に電気代だけを比べれば高くなって当然です。
今のオール電化機器は格段に効率が高くなっていて、無駄な電気を極力使わず、さらにオール電化向けの料金契約などがあり、結果的に
 "電気代は若干上がるが、光熱費全体で考えれば大幅に安くなる"
方が大多数になります。

「オール電化は電気代が高くなる!」というのは、厳密に言えば誤解ではありませんが、「オール電化は光熱費が高くなる!」というのは大多数の方にとって誤解なのです。
更に、電気代だけ比べても安くなったという方もいます。


      Copyright (C) 株式会社ベストラインズ. All Rights Reserved.